セルフィールとは

About Selfeel

天然素材、自然の恵み

セルフィールの消臭効果や抗菌効果は分解反応によるものであり、吸着作用や中和作用によるものではありません。セルフィールの分解反応の作用機序は次の通りです。

ラジカルがセルフィールの作用発現に重要な役割を担っています。これらのラジカルは役割を終えれば再び水と酸素に戻り、空気中に帰っていきます。セルフィールは空気と空気中の水と酸素を循環させて利用することにより効果を発揮することから、「空気触媒」とニチリンケミカルが命名しました。

セルフィール(空気媒体)と光媒体の比較

セルフィールは触媒の仲間です。シックハウス問題等で有名な触媒では「光触媒」があります。十分な光(紫外線)エネルギーがある場所では、概ね光触媒は「セルフィール」よりも高い分解力を発揮しているようです。
しかし、シックハウスや消臭・抗菌等を行いたい場所は室内です。光が届きにくい室内ではせっかくの高能力を持つ光触媒もその実力を発揮することができません。セルフィールは空気触媒です。光が届きにくい場所、夜間などでも、その場所・時間を選びません。室内ではどのような場所でも、24時間機能し続けます。
また、光触媒の強い分解力は、基材をも分解し傷めるという問題も発生しています。セルフィールは有害物質を分解しても、基材を分解することはありません。やさしさのある分解力です。

セルフィール(空気触媒) 光触媒
紫外線照射 紫外線は不要(冷暗所でも効果が現出する) 紫外線がなければ効果はない
有機バインダー剤 必要としない 必要とする場合が多い
密着性 洗濯及び擦過に対して優れた耐久性 バインダーの性能に影響される
変色・風合い 変色なし、風合い変化なし 白くなることがある
透明感 無色透明 超薄膜でなければ白濁する
施工 スプレー、浸漬等で簡単 熟練技術が必要
養生 必要としない 必要とする場合が多い
施工コスト 低コスト コスト高
経時的劣化 劣化しない 経時的に劣化することがある
基材の損傷 分解力が緩やかで優しいことから基材を損傷しない。保護膜機能として有効 分解力が強力であり、基材やバインダーを損傷する可能性がある