ラストノックアウト

Last Nock Out

サビの上に直接塗れるワンステップシステム

  • 環境に優しい水性なので、扱いやすく嫌な臭いが ありません。
  • 現存する殆どの塗料に対して優秀な接着性能を発揮するので上塗り塗料を選びません。
  • 塗膜は強力な防水機能を有するので、上塗り塗料の性能に関係なく1回の塗布だけで継続的保護作用の効果が出ます。
  • 在日米軍の要請で輸入した塗料ですが、その性能の高さに一般のお客様にも販売することになりました。

比較試験

施工例

■海中作業用クラムシェルバケット・アーム

■漁船のデッキ
那覇港湾管理組合様所属「清港丸」

従来は定期点検補修後1か月以内に錆が出始めていた。

■鉄筋の防錆処理(爆裂補修前)

XRD回析で、ラストノックアウトを塗布した個所からは水酸化鉄化合物は、検出されませんでした。

解析方法

X線回析分光法(XRD):この技術は、回析パターンを生成し、コンピューターベースのライブラリーを使用して、既知の標準に固有のピークをマッチさせ、その結晶構造から現在の化合物を決定するものである。

解析結果

赤色のプライマー「ラストノックアウト」を塗布した個所と塗布しなかった個所を示した鉄片の写真は添付図1の通りである。
XRD回析図は、2Th/Th、開始:10.0~終了:80.0、スキャン速度:0.02刻みで0.5、40kV、40mAのジェネレータで生成された。使用ジェネレータは、ブルカー社のAXS D8ディスカバーX線回析メータである。錆びた箇所およびプライマーが塗布された箇所の(各段階で見られた)パターンは、ICDD(回析データ情報センター)およびプラスエバリュエーション(EVA)ソフトウェアによって求められた。
錆びた箇所では水酸化鉄化合物[FeO(OH)]の様相がXRDにより検出された。赤色のプライマー「ラストノックアウト」を塗布した後では、水性の錆転換プライマーの作用により水酸化鉄化合物[FeO(OH)]の様相がXRDによって検出されることはなかった。